給食室より

2022年12月の記事一覧

おいしいスイーツ

*12月22日(木)の給食<ショコラ>**12月22日(木)の給食<タルト>*

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・パプリカライスのクリームソースかけ

・牛乳

・スティックベジタブル

・セレクトデザート

 <おからショコラ(上)/お豆のタルト(下)>

  

  今回、セレクトデザートを実施すると決めた際、

市販のアイスやケーキにするかどうか、迷いました。

しかし、市販のものは給食でわざわざ提供しなくても

食べられると考え、焼き菓子を2種類作り、作業工程も

栄養バランスも整う内容を考えました。焼き菓子の

中身は、両方とも給食らしい身体によい豆を使ったもの

を提供できました。

  バターや砂糖をたっぷり使って作った焼き菓子は、

当然おいしいです。脂ののったうす切りの軟らかい肉は、

食べやすくておいしいです。身体によいものばかりを

食べていても、さみしい気持ちになるかもしれません。

バランスよく食べて、心も身体も元気になるようお過ごし

ください。次の給食は、年明けの10日になります。

ショコラvsタルト

 

 

かぼちゃ料理

*12月21日(水)の給食*

・だいず入りひじきご飯

・牛乳

・かぼちゃのそぼろあん

・ゆず香和え

・夢オレンジ

 

 明日は冬至です。一年で一番昼が短い冬至に、身体に

良いものを食べて寒い冬も元気に過ごそう!と昔から

食べてきたのが南瓜(かぼちゃ)です。

 今年は、大きめに切ったかぼちゃを素揚げして、

豚挽肉とみそで味を付けたそぼろあんを絡め、ごはんの

おかずになるかぼちゃ料理にしました。明るいオレンジの

かぼちゃは、いろいろな料理に生まれ変わります。

サラダ、シチュー、煮物、揚げ物、焼き菓子、......

明日、みなさんの食卓にはどんなかぼちゃ料理が並ぶ

かしら?

 明るいオレンジ色と言えば、今日の献立の中でひと際

目立つ果物、夢オレンジ。味のイメージは、マイルドな

紅マドンナといったところでしょうか。食べやすい

柑橘だったようです。

 控えめに入った大豆も功を奏したのか、ひじきご飯も

よく食べていました。黄色い炒り卵や歯ごたえを残した

大豆が、彩りや食感のアクセントになっていて、教材に

なる一品だなとしみじみと感じました。

 

血合い

*12月20日(火)の給食*

・黒パン

・牛乳

・魚のマスタードソース

・チキンスープ

・ミックスサラダ

 

  今日は、昨日とガラっと毛色を変えて、パンと魚の

給食でした。魚は「むろあじ」という魚で、一般的に

出回っているアジより脂肪が少ないので、生クリーム

ベースのこってりソースを合わせました。

 むろあじには、血合い(血合筋)が多いという特徴も

あります。食べ残しを片付けながら、暗赤色の血合い

部分の残りが多いことに気が付きました。写真の魚の

中央上部が、血合い部分です。

  血合い部は、他の身(筋肉)に比べるとグリコーゲンや

ビタミンB群、鉄分などが多く、第二の肝臓と言われる

ほど栄養価が高いです。マグロやカツオにもある血合い肉、

においが気になる人もいるかもしれません。血合い筋を

いただいて、私たちの身体に栄養を取り込むには、

調理方法や味付けを工夫することがポイントです。

今日は洋風にしましたが、生姜や砂糖を使って和風の

味付けにしたり、カレー粉などのスパイスを使って

エスニック風にしていただくのもよいでしょう。

 サプリメントを使わなくても、栄養価の高い食べ物は

たくさんあります。食事の経験は、いろいろな場面で

自信につながっていきます。いろいろな食べ物との

出会いを、食べる方も作る方も楽しんでください*

 

「きれいに」食べる

*12月19日(月)の給食*

・ごはん

・牛乳

・生揚げと里芋のうま煮

・かりかりいわし

・くるみ和え

 

  試食会に参加された保護者の方からのアンケートに、

子どもたちになってほしい姿に「きれいに食べてほしい」

というのがありました。お箸で食べる和食は特に、

器に食べ物を残さないように食べることは至難の業

です。食べ終わりの器だけでなく、食べる姿勢も

「きれいに」となると、大人でもわずかな人しか

きれいに食べられないと思います。

  今日は毎月19日の「食育の日」なので、食器・食缶

ぴっかぴっかデーの取組みがあり、きれいによそわれた

食缶が戻ってきました。とても思いやりを感じましたし、

やはり気持ちの良いものです。食べ物が残っていない

器からは、食への感謝が伝わってきます。これらはまた、

自然に生まれてくる感情や行動でもあると考えています。

 「きれい」の基準は人それぞれですが、周りの人を

不快にさせない程度に、突然大きな音を立てないことや

大きな声を出さないこと、箸できれいに食べられない場合

はスプーンやフォークを使ってできるだけ器に食べ物を

残さないこと、挨拶など、家庭で身に付けられることを

繰り返し行いましょう。

 食事の機会は一日3回ほどあります。緩急をつけ、

気長に「きれいに食べる」を身に付けましょう。

社会に出た際、食べ方がきれいだと一目置かれると思う

のは、私が食に携わる仕事をしているからでしょうか。

 

あんかけ〇〇

*12月17日(土)の給食*

 

・あんかけ焼きそば

・牛乳

・豆と芋のかりんとう

・ピリ辛もやし

 

 朝の会で一日の流れを確認する際に、「今日の給食の

あんかけ焼きそばは、どんな料理ですか?」という質問が

あったそうです。

 寒い季節になると、丼物やあんかけ炒飯など、とろみの

付いたものは冷めにくいのでおいしく食べられますね。

今日の「あんかけ焼きそば」も、麺と具が絡んで食べ

やすかったようで、つゆが残るラーメンより残菜も

少なかったです。

  今日のように具の多い丼物がメインの日は、汁物を

付けないようにしています。給食には牛乳200mlがついて

いるので、身体の小さい小学生は丼物に汁がつくと、

食べきれないからです。もう一つの理由は、汁物を

つけると塩分量を大幅にオーバーしてしまうからです。

 ご家庭では、丼物+汁物は当たり前の組み合わせかも

しれませんが、実は塩分を多く摂取しています。病院等

から食事指導を受けている場合は、対策の一つとして

減塩調味料を使うこともよいですが、食べ物の組み合わせ

を見直すことも効果的です。

 塩分のことだけを考えると、汁物より煮物や和え物を

食べた方が身体によいです。でも、「煮物や和え物の

野菜は食べないけど汁物の野菜なら食べる」という人が

いる場合、汁物のない食事を準備するのは乱暴です。

食事のことは、いくら気を付けてもきりがありません。

ストレスにならない程度に気にしていきましょう☆彡