給食室より

2017年6月の記事一覧

たんぱく質をしっかりと


*今日の献立*
・ごはん
・牛乳
・魚のみそ焼き
・炒り豆腐
・おかか和え

今日は、ヘルシーなたんぱく質が多い献立でした。
厚くなってくると 食欲が落ちますが、どんな時でも
たんぱく質をしっかり食べていると、からだへのダメージは
少なくてすみます。 成長中の子どもたちはもちろん、
大人のからだも 日々更新されています。 しっかりと補って、
これからの暑さに負けないように、暑いさなかも負けないように
しましょう。 元気にすごさないと、もったいないですもの!

夏を先取り!


*今日の献立*
・フレンチトースト
・牛乳
・夏野菜イタリア煮
・えだまめとひじきのサラダ

今日は、暑い夏に打ち勝てるような主菜です。 まず、
たんぱく質には ビタミンBが多い豚肉を、トマト味と相性のよい
夏野菜には なす、ズッキーニをたっぷりと使いました。
味つけはシンプルに、トマト缶と塩と料理ワインですが、
バジルやオレガノなどのスパイスを使っています。
香りの強いスパイスを 敬遠しがちな方もいらっしゃると
思いますが、少量使うと よいアクセントになり、料理が本格化
しますよ。 ローリエやバジルなど、試してみてください。
サラダは、しょうゆドレッシングです。 ひじきを戻して、
調味料で下煮をするとおいしく作れます。 旬のえだまめは、
こんなふうにも使えますね。
甘さを控えたフレンチトーストは、県産米粉が入ったもっちり
食パンで作りました。 卵もたっぷりで、栄養がとれました。

骨ごといただきます


*今日の献立*
・いか入り焼きそば
・牛乳
・小あじの南蛮漬け
・にら玉スープ
・冷凍みかん

今日は、揚げたら骨ごと食べられる赤ちゃん鯵(あじ)を使って、
南蛮漬けを作りました。 今が旬の鯵をじっくりとたれに
漬けたので、味がしっかり染み込み 白いごはんにも合いそうでした。
酸っぱい味が苦手、骨が苦手な児童生徒がいますが、
チャレンジする機会を作ることが大切だと考え、献立にしました。
玉ねぎ、人参、キャベツ、もやしなどの野菜が入った焼きそばの
後には、さっぱりする冷凍みかんを食べて 午後の授業に
励みました。

梅雨といえば③


*今日の献立*
・ごはん
・牛乳
・鶏肉の梅みそ焼き
・五目豆
・とん汁

梅雨(つゆ)の漢字のとおり、梅の実がなる時期です。
今日は、みそ、しょうゆ、酒などを合わせた調味料に、しそと
練り梅を加えて漬けだれを作り、鶏肉を漬けて焼きました。
さっぱりとした鶏料理に なりました。 豚肉でも 合いそうです。
”入梅鰯(にゅうばいいわし)“という言葉もありますが、いわしの
梅みそ煮なども、暑い日や箸の進まない日のおかずに よさそうです。
梅干しは 殺菌効果があり、胃酸の調節をしてくれる働きもあります。
食べ過ぎは 塩分摂取を増やしてしまいますが、上手に付き合うと
からだが 内側から元気になりますよ。
煮物を副菜にすると、色合いが全体的に黒っぽくなるので、
今日の五目豆には 白こんにゃくを使ってみました。 ほんの気持ち、
仕上がりが明るい気がしませんか? 

沖縄料理


*今日の献立*
・ジューシー
・牛乳
・ふチャンプルー
・イナムルチー
・フレッシュパイン

聞き慣れない献立名が並んでいると 感じた方が多いと思います。
今日は 「沖縄慰霊の日」なので、沖縄料理の給食です。
沖縄の混ぜごはん「ジューシー」は、豚の三枚肉(バラ肉)、
さつま揚げ、昆布が入っているのが特徴で、味付けはしょうゆや
オイスターソースなので、ややこってりしています。
彩りに使った緑の葉は、小松菜です。
チャンプルー(炒め物)は、麩、ポーク(ランチョンミート)、
野菜を使って作りました。 もやしやとうふやゴーヤなどを使って
作るのもよいですね。 溶き卵を加える前に 油を回し入れておくと、
上手に仕上がります。
イナムルチー(千切り野菜のみそ汁)は、かまぼこを入れるのが
特徴です。 沖縄の言葉で、千切りを「しりしりー」と言う
そうですよ。 今日は、大根、にんじん、かまぼこ、長ねぎを
きれいなしりしりーにしてくれました。
パイナップルも、沖縄の太陽(ティーダ)をいっぱい浴びて育った
ものです。 ありがたいですね。

つぶつぶカレー


*今日の献立*
・ビーンズカレー(麦ごはん)
・牛乳
・アーモンドサラダ
・さくらんぼ

豆(ビーンズ)カレーと言っても、半分以上は豚挽肉です。
細かくなったひよこ豆と大豆を使って作りました。 舌触りは
少し変わりますが、豚挽肉だけよりもさっぱりしたカレールゥは、
からだにやさしいです。 今日も バターと油で小麦粉を炒めて、
給食前にはカレーの香りを楽しんでもらい、給食時間にはスパイシーな
カレーを味わってもらいました。
つぶつぶカレーは するすると食べやすいので、歯ごたえのある
アーモンドをサラダに入れました。 もぐもぐもぐ、よく口を
動かして 口の筋肉をきたえましょう!
さくらんぼのたね、上手に出しているお子さんが 多かったです。
経験は、自信につながりますね。

梅雨といえば②


*今日の献立*
・九州ラーメン(中華めん)
・牛乳
・ミニ煮卵
・海藻サラダ
・あじさいジュレ

梅雨に映える花は、あじさいですね。 今日のデザートは、
四角く切ったこんにゃくやゼリーを あじさいの花に見立てて
います。 キウイフルーツは、緑の葉っぱです。
今日のラーメンは、こってりではなく あっさりしたスープでした。
九州生まれのの豚骨ラーメンは 脂で白くこってりしていますが、
今日のは牛乳で白くなっているので、カルシウムが強化された
あっさり豚骨ラーメンを提供しました。
ミニ煮卵は うずら卵で作り、ラーメンつゆとは別の鍋で
ことこと煮て作りました。

大粒なっとう


*今日の献立*
・ごはん
・牛乳
・じゃがいものそぼろ煮
・彩の国納豆
・和風サラダ

春にとれたじゃがいもが、まだまだおいしい季節です。 今日の
主菜は、玉ねぎや人参や竹の子や乾しいたけを細かく切って挽肉と
炒め、大きく切ったじゃがいもを加えてだし汁で煮て 作りました。
生姜が多めに入っているので、さっぱりとして 食欲をそそります。
やわらかい新じゃがを 大きく切って、口を「開ける」「閉じる」
「かむ」という動きをして、口の筋肉をよく動かしてください。
それぞれの自立に寄り添い、食事の準備に携わったり 食べ物に
少し工夫を加えることは、楽しみながら励める時間になると思います。
ご家庭での食事の時間を 大切にしてください。
埼玉県産のだいずで作ったなっとうは、箸でしっかりつまめるくらい
大粒です。 「大粒派?小粒派?」「からしはいる派?いらない派?」
「朝食べる?夜食べる?」 いろいろななっとう話が聞こえてきた
給食時間でした。
そぼろ、なっとうと、やわらかい料理が多いので、サラダは 大根を
多めに使い、厚めのいちょう切りにして歯ごたえを出しました。
同じ「かむ」でも、じゃがいもと大根では 飲み込むまでの口の動きは
違います。 いろいろな食材を使って、「かむ」を試してください。 

ピンときましたか?


*今日の献立*
・黒パン
・マーガリン
・牛乳
・白身魚のレモン風味
・まごはやさしいサラダ
・野菜スープ

からだによいものの頭文字を集めて 一つの言葉のようにしたものが
「まごはやさしい」です。 何度か このサラダを提供していますが、
覚えていただけていますか?
今日のサラダには、「まごはやさしい」食品が全て入っていますが、
全てそろえるのは なかなか難しいです。 まずは 意識をすることが
大切です。 一つずつ チャレンジしていきましょう!

新じゃがの季節になりました


*今日の献立*
・中華丼(麦ごはん)
・牛乳
・甘辛じゃがいも
・ピリ辛もやし

玉ねぎ、人参、キャベツなどの常備野菜や、中華料理でよく使う
たけのこ、チンゲン菜、乾しいたけなどがたっぷり入っている
中華丼の具は、残さず食べれば80gの野菜が食べられます。
いろいろな食材が入っているのが苦手なお子さんも、給食を
食べるうちに 慣れていくと思います。 いろいろな食材から
いろいろな栄養素をいただいて、子どもたちも私たちも、元気に
生きていく源を得ています。
店頭では 新じゃがが主流になってきましたね。 今日の副菜の
じゃがいも料理は、素揚げしたじゃがいもを しょうゆ・砂糖・
みりんを加熱したたれにからめて作ったもので、ほっくりした
じゃがいもの中身と 甘辛たれでしっとりした表面がマッチして、
食べやすいです。 おやつにもお勧めです。
価格が安定しているもやしを使って 副菜を考えました。
電子レンジで「ゆで」の機能があれば、もやしは火を使わずに
加熱することができます。 ポン酢をかけてもよし、サラダに
加えてもよし、毎日食べていると飽きるかもしれませんが、
野菜摂取量を手軽に増やすには とても便利な食材ですよ。